北区王子神谷・東十条で関節や背骨の痛みのお悩みなら【はり・きゅう・整体 SONOKA】

はり・きゅう・整体 SONOKA

ストレッチ ブログ 症状 身体の機能

王子神谷の鍼灸師が教える、不眠に効くストレッチ動画

更新日:

 

王子神谷の鍼灸師が教える、不眠に効くストレッチ動画

 

みなさんは日々最適な睡眠を取れていますか?

今や現代病の1つにもあげられる不眠が原因で、体に不調をきたす人が多くなっています。

 

 

 

こんな方は交感神経が興奮しているかもしれません。

 

✅ 横向きで寝る癖がある

✅ 硬い布団だと眠れない

✅ イライラする

✅ 不安や緊張が続いている

✅ 歩行中に他の人に抜かされると嫌な気持ちになり追い越したくなる

 

 

仰向けで眠れないあなたは交感神経が過剰に興奮してる可能性があります。

交感神経が興奮していると背骨の周囲の組織が硬くなり、常に緊張が取れません。

 

 

 

睡眠の機構(メカニズム)を知りましょう。

 

睡眠は、異なる2つの法則で調整され、状況に応じ相互に睡眠の質・量およびタイミングを制御しています。

断眠時間の長さを無理に左右し続けてしまうと睡眠の質と量とが決定され、

「疲れたから眠る(恒常性維持)」ことが妨げられてしまい、

活動中に酷使された脳を積極的に休ませる脳内に管理された

「夜になると眠くなる=体内時計機構が崩れる」「疲れていなくても、いつもの就寝時刻になると眠くなる」ということが難しくなります。

 

 

 

日内変動(にちないへんどう)に注意しましょう。

人間は脳に備わる「体内時計」により、体温・心拍数・血圧等の値や、覚醒-睡眠のリズムが1日の中で変動しています。

体温は、生理的に朝方が最低となり夕方が最高となります。

 

 

 

不眠の原因を作らない様にしましょう。

 

私たちの人生の3分の1の時間は「睡眠」です。

2017年、日本人の平均寿命は男性81歳、女性87歳です。

例えば、今87歳だと仮定すると毎日8時間眠る人は29年間は睡眠時間だったということです。

眠っている間に身体や脳の疲れを休息させ、修復再生しているのです。

従って、日々健やかな心身を維持するには上質な睡眠は必要不可欠ですね。

不眠症の症状とは?

 

不眠症とは睡眠障害の一部です。(過眠や悪夢なども含みます)

不眠症には、

 

◉眠るまでに時間がかかる「入眠障害」

◉ぐっすり寝た気がしない「熟眠障害」

◉睡眠の途中で目が覚める「中途覚醒」

◉起床時間が特別早い「早期覚醒」

 

などの種類があり、

中には2つ以上の症状が重なる人もいます。

不眠症があると生活習慣が悪化し、集中力や記憶力が低下したり、抑うつ気分や不安といった症状の原因となります。

 

 

 

 

不眠症の原因とは?

 

不眠の原因にはもともと持っている病気やその治療に使われる薬が原因になる場合もあります。

生活習慣ではカフェインやアルコールの過度な摂取、運動不足、長時間の昼寝、悪い睡眠環境なども原因になります。

さらにご高齢の方は通常の光や社会的接触、運動などが少なくなりがちになり睡眠時間の調整が難しくなります。

その他には、不眠症に関連した病気もあります。

 

■周期性四肢運動:寝ている間に勝手に足が動いてしまう状態です。高齢者に、多くみられます。

■むずむず脚症候群:足に虫が這うようにムズムズしたりチクチクする感覚が現れます。足を動かすと症状は消えるのですが、この足を動かす作業のために睡眠が妨げられます。

■レム睡眠行動異常:深い眠りの最中に夢の内容に関連した行動が見られる事で、筋肉活動の抑制がレム睡眠中で不完全な為に起きてしまうと考えられています。

■睡眠時無呼吸症候群:寝ている間に呼吸が充分に出来ていない病気です。

 

 

不眠症の診断基準は?

 

眠れないだけで不眠症というわけではありません。

診断基準では不眠の訴えに加えて睡眠に関連した日中の精神・身体機能の影響があることが必要です。

この基準だと不眠症の患者さんは人口の6~10%と考えられていますが、

睡眠時間には個人差があれば、同じ個人でも季節による違いなども出ることがあり、

平均的な睡眠時間は成人で6.5~7.5時間、70歳以上では6時間と段々短くなるのが普通です。

 

 

 

不眠症の治療方法とは?

 

 

【薬物治療】

 

自分で可能な原因を取り除いても改善しないとき、睡眠薬による治療となります。

睡眠薬は作用する時間の長さから超短時間作用型や、短時間作用型、中間作用型、長時間作用型などに分けられ、現在の処方はどれも安全な薬です。

寝つきが悪い人には超短時間型や短時間型の睡眠薬が有効になり、これらの薬剤は翌朝に作用が残りにくいという利点があります。

夜間に目が覚めた後眠れなくなったり、早朝に目が覚めてしまうタイプには、中間作用型や長時間作用型の睡眠薬が有効です。

ただ、ご高齢の方は睡眠薬が効きすぎて翌朝まで効果が持続したり、ふらつきが増える、せん妄をきたすという可能性があります。

睡眠薬以外では抗うつ薬を使用する場合もあります。

 

 

 

 

【非薬物治療】

 

認知行動療法、生活リズムを整えたり、心を沈めたり、リラクゼーションをしたりすることで薬を使わずに整える。

これに鍼灸治療や整体、マッサージがあてはまります。

薬を飲まずに治療をしたいあなたは、こちらがお勧めです。

 

 

■ 当院でできること

 

✅ 背骨のズレを整える

✅ 背骨周囲の筋肉の柔軟性を出す

✅ キレイな姿勢にする

 

 

 

 

 

実は日本人の5人に1人は不眠で悩んでいます。

睡眠はとても大事なことです。

受験を控えている学生さん、仕事に集中できない会社員さん、家事がはかどらない主婦の方。

頭がすっきりせず頭が働かない状態ではやるべきことが進まず今を大切にできません。

上質な睡眠がとれれば、心身の健康を保ち、人生の3分の1に快適をもたらすといえるでしょう。

 

そんなあなたに是非やっていただきたいです。

 

 

注意事項

 

息は吐きながら、ゆっくり行いましょう。

首が痛い方、ストレッチ中に強い痛みが出たら中止してください。

 

 

ぐっすり眠れるストレッチをご紹介します。

 

 

 

 

 

『ブログを見たと・・・』

お電話いただけるとスムーズです。

 

 

 

 

==============================
【王子神谷・東十条の鍼灸トリートメント】
はり・きゅう・整体 SONOKA

東京都北区神谷1-15-7
●王子神谷駅徒歩3分
●東十条駅徒歩10分
当院へのアクセス

◉電話番号  03-5933-6920
◉定休日   火曜日・祝日
◉9:00〜20:00

『自然な動きをとりもどして健康をサポート』

SONOKA紹介動画はこちら

エキテンページ
https://www.ekiten.jp/shop_44714985/
しんきゅうコンパス
https://www.shinq-compass.jp/salon/detail/30567/
Facebook
https://www.facebook.com/ojikamiya.sonoka/
===============================

-ストレッチ, ブログ, 症状, 身体の機能
-, , , , , , , , , , , , ,

Copyright© はり・きゅう・整体 SONOKA , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。