今回はアイシングのやり方をお話しします。

冷やすといってもどうやって冷やせばいんだろうと考えてしまいますよね。

『アイシングの効果』

アイシングは痛みを緩和し、腫れを抑えてくれるのでとても役立ちます。

 

足首が腫れている

 

捻ってないのに腫れることもあります。

いきなりの腰の激痛!!

 

左右で触り比べてぽちゃぽちゃしていれば腫れています。

 

冷やすことで痛みは軽減できます。

 

 

 

 

冷やす道具

 

氷のう  ビニール袋  水 保冷剤  冷感スプレー など

氷のうやビニールに氷を入れてこぼれないように結びます。

この時に水を入れてもいいです。

 

腫れが大きかったり、氷を直接当てるとゴツゴツして痛い場合は入れてください。

 

*注意  保冷剤やスプレーは低温やけどに注意です。

 

 

 

市販の氷や古い氷を使う場合も温度が下がりすぎて冷えすぎないかを注意してください。

 

新しい氷 家庭でできる氷は低温やけどの心配はありません。

 

冷やしかたは2つあります。

まずは急激な痛みやまだまだ腫れてきそうな時。

 

1 冷やしかた   氷のうのビニール場合

10分冷やす    5分ぐらいで痛くなりますので、それまで我慢です。
30分あける
10分冷やす
30分あける
10分冷やす    終わり

 

このように家庭用のラップを巻いても楽にできます。

水が入って入れば0度より低くなることがないので安心して冷やすことができます。

 

・冷感スプレーは一点にかけず全体的にまんべんなくかけて表面を軽く冷やす程度にしましょう。

 

・保冷剤も温度が低すぎてしまう場合はタオルにくるんで使うなど緩衝材を入れて行ってください。

 

 

 

長い時間冷やしてしまうと逆に血管を広げてしまう効果もあるので、

 

適度な時間で冷やすことをお勧めします。

 

 

2 冷やし続ける方法

 

ご自宅などでゆっくり緩やかに冷やす方法

 

これは頭を冷やす時のように長時間冷やし続けます。

氷のうやビニール袋に入れた物や、保冷剤、市販のアイス枕をタオルで巻いて腫れているところや、痛いところに当てます。

 

冷やす時間

1時間から24時間

 

 

 

 

 

 

 

==============================
【王子神谷・東十条の鍼灸トリートメント】
はり・きゅう・整体 SONOKA

東京都北区神谷1-15-7
●王子神谷駅徒歩3分
●東十条駅徒歩10分
当院へのアクセス

◉電話番号  03-5933-6920
◉定休日   火曜日・祝日
◉9:00〜20:00

『自然な動きをとりもどして健康をサポート』

SONOKA紹介動画はこちら

【初回】大人・高校生以上 7000円(+税)
    幼児・小・中学生 5000円(+税)

【再診】大人・高校生以上 6000円(+税)
    幼児・小・中学生 4000円(+税)

エキテンページ
https://www.ekiten.jp/shop_44714985/
しんきゅうコンパス
https://www.shinq-compass.jp/salon/detail/30567/
Facebook
https://www.facebook.com/ojikamiya.sonoka/
======================